ラポマインの副作用

ラポマインの成分の副作用は要注意?!

 

 

わきがや体臭等のケアに使われるラポマインは
脇やデリケートゾーン等比較的敏感なところに使うものであり、
かぶれる等の副作用、アレルギー反応が出ないかということは心配な点です。

 

一応ラポマインについては医薬部外品という分類。
これは医薬品と化粧品の中間くらいの性質をもっており、
副作用の強さについても医薬品と化粧品の間というイメージです。

 

 

つまり、副作用の可能性や強さは医薬品ほどでは
ないにしろゼロではないということ。

 

そういう点もあってラポマインは90日間の返金保証制度
というのが購入の際に設けられていると考えられrます。

 

といって医薬部外品には入浴剤のように
普通に多くの人が使われているものも含まれているくらいなので
イメージとしては副作用の可能性はかなり低いといえます。

 

ちなみにラポマイン中で副作用が心配されて
いる成分も限られています。

 

それは下記の有効成分です▽

 

・シメンー5ーオール

 

・パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

 

有効成分というのは薬事上的に
臨床試験で効果が実証されて、国の期間により
正式に承認を受けている成分です。

 

薬効の裏側にあるのが副作用です。

 

効果と副作用は表裏一体であり、
科学的に副作用の可能性が高いと考えられている
のが有効成分です。

 

 

ラポマインを使う前にはこういった成分について
特に注意して確認すると良いですよ!